fbpx

津久井 友美 Tsukui Tomomi


株式会社CUORE代表

美姿勢ボディメイクプログラムで輝く女性になるためのお手伝い

日本女子体育大学舞踊学専攻卒業

ヨガ・ピラティス・ウォーキングスペシャリストなど11の資格を取得。スポーツクラブから学校教育、行政まで幅広く活動

2021ベストボディジャパン日本大会へ出場

 

高校時代、ダンス部で活動したときには3年間で6㎏減った体重が、大学に入り都内で一人暮らし始め、好きなものばかり食べていたため、3ヶ月で5㎏増量。更にパン屋さんでバイトをしてまたまた増量。
自分の体型に自信がなくなる。
高校時代のむち打ちの経験も重なり、肩こり首こりが慢性的に。
そんな時にエアロビクスに出会い、インストラクターに。筋肉量が増え、体脂肪が減ったため、少しは引き締まって見えるようになったものの、不調はあまり改善せず。その後、ピラティスやヨガ、パーソナルトレーナーの資格を取り、皆さんに伝えていくと、自分もどんどん元気に。
この複数の要素を組み合わせ、皆さんがに変われるプログラムを作りたいと思い、このオンラインプログラムが誕生しました。

このプログラムで40代50代の生き生きとした女性が世の中に増えていき、笑顔溢れる世の中にしていきたいと思っています。

 

Tomomi’s My Style


今年のお正月に娘に勧められ、ここからベストボディジャパンへの私の扉が開きました。

でも、身長も155センチしかなく、ロングヘアでもない私がどこまで行けるのだろう。

ちょっと先走ってしまったかしら。そんな消極的な気持ちになっていた時、私の主催するコミュニティの皆さんがとても楽しみにしてくれ、さらに私の身体の変化をすぐに気づいてくれるので、この人たちのためにも、小さくてもチャレンジして叶わないことはない!という姿を見せたいと思ってチャレンジし続けてきました。

5月、静岡大会に初出場しました。直前のパーソナルレッスンでは、先ずファイナルに進むまでの最低限の準備を教えてくださいました。
なので、それではやはりファイナル止まりも当然のことでした。

静岡大会では、このベストボディジャパンにかける熱い想いを持った皆さんにお会いし、自分の甘さも知りました。
またこの時、娘が帯同トレーナーとして入ってくれ、出場者の方々の貴重品を管理し、助け合いながら控室での皆さんと仲良くなれたことも、また次もチャレンジしようと思わせてくれました。

そして次は水戸大会と思っていたのですが、BBJの先生のアドバイスで、その前に福岡大会にもエントリーし、2週間で2大会出場してみました。その合間にフィードバックを受けられた事も、今回4位、3位と順位をあげられた要因だったと思っています。

7月の福岡大会でちょっと不安定だったフリーポーズの1つ目も、8月の水戸大会では変えて、これでやっと迷いがなくなりました。

日本大会の直前10月の前橋大会にもエントリー中です。

今年の初めは、『とりあえず出場』から、今は『日本大会での頂点を目指す』に変わり、私の生活のモチベーションをあげてくれているのがこの大会となりました。

毎日ヒールを履き、ウエイトコントロールし、トレーニングで強化した成果を見ていただきたいと思います。